水中ビークル・フリーミーティング
(略称:追浜ミーティング)

多目的プール
海洋研究開発機構(JAMSTEC)多目的プール
トップページに戻る

2017.4.4更新
水中ビークル・フリーミーティングとは?
 社会人や高校等の先生・学生が水中技術にチャレンジしようとしても、プールや水槽を借りることは容易ではなく、水中用パーツほか中高生向けの技術情報もあまりありません。このため、日本水中ロボネットが施設を借り、そこで学生や先生と一緒になって水中ロボット/ビークルを水中で動かしたり技術交流し、工作事例や水中用パーツなどを考案する、それが「水中ビークル・フリーミーティング」です。
 減免措置いただいた施設使用料、万一の事故に備えた保険料、消耗品ほかの費用を日本水中ロボネットが負担することによって、学生、先生、見学者、支援ダイバーは無料で参加できます。

開催年間日程(施設側の都合により変更することがありますので、参加前にもこのページを確認いただきますようお願いいたします。)

日本水中ロボネット主催イベント(9:30〜14:30)他の団体の主催イベント
2017
1月
  15日(日):根岸ミーティング
横浜プールセンターアクアモデラーズ主催)
2月 19日(日):追浜ミーティング(JAMSTEC多目的プール) 
3月  19日(日):根岸ミーティング
横浜プールセンターアクアモデラーズ主催)
4月  30日(日):根岸ミーティング
横浜プールセンターアクアモデラーズ主催)
5月  21日(日):根岸ミーティング
横浜プールセンターアクアモデラーズ主催)
6月 18日(日):追浜ミーティング(JAMSTEC多目的プール) 
7月 16日(日):追浜ミーティング(JAMSTEC多目的プール) 
8月 25日(金)-27日(日):水中ロボコンin JAMSTEC'16
(JAMSTEC多目的プール)
9月 17日(日):追浜ミーティング(JAMSTEC多目的プール)未定:JMSSサブレガッタ・ジャパン
、JMSS 日本潜水艦模型協会主催)
10月 15日(日):根岸ミーティング
横浜プールセンターアクアモデラーズ主催)
11月  未定:海洋ロボットコンペティション in 沖縄

19日(日):根岸ミーティング
横浜プールセンターアクアモデラーズ主催)

12月 17日(日):追浜ミーティング(JAMSTEC多目的プール) 
2018
1月
  未定(日):根岸ミーティング
横浜プールセンターアクアモデラーズ主催)
2月 未定(日):追浜ミーティング(JAMSTEC多目的プール) 
3月  未定(日):根岸ミーティング
横浜プールセンターアクアモデラーズ主催)

会場
JAMSTEC横須賀本部(神奈川県横須賀市夏島町2−15)
多目的プール(サイズ:21m×21m、水深3.3m/1.5m)
アクセス:京浜急行追浜駅からバスで追浜車庫前下車し徒歩2km、または、自動車
(マップ:自動車電車・徒歩宿泊情報

参加費・申込み方法
 1500円程度(未定)。ただし学生・先生・見学者は無料。
申し込み期限:各開催日の週の火曜日中
・申し込み先:oppama(at)underwaterrobonet.org("(at)"を"@"に置き換えてください)宛に氏名、住所、電話番号をメール願います。
まれに迷惑フィルターに振り分けられる場合がありますので、24時間以内に受信確認の返事がない場合は再度メール願います。

参加条件と当日の注意(必ずお読みください)

主催者等
主催特定非営利活動法人 日本水中ロボネット(理事長:浦 環)
協力 ・国立研究開発法人 海洋研究開発機構JAMSTEC

これまでの成果報告(pdf, 2017.4.4更新)
1.全般
1.1 ものづくりについて(設計者から思うこと)(2010. 6)
1.2 水中ビークル製作に必要な入門者向け技術 (2010. 6)
1.3 水中ビークル工作事例及び水中パーツ (2012. 4)
2.無線
2.1 水中電波について(鹿児島大学 竹内康人教授)(2010. 6)
2.2 エチュードにおける受信機感度の簡易測定 (2012. 8)
3.制御
3.1 小型自動水平安定装置 AUTO LEVELLER(潜水艦用)AL-77PD 取り扱い説明書 (2009. 8)
3.2 小型自動深度安定装置 AUTO DEPTH CONTROLLER(比例制御)ADC-8PR 取り扱い説明書 (2009. 2)
3.3 小型R/C電源用マグネット・スイッチ−MG-11F3・MG-11F8取り扱い説明書 (2011. 2)
3.4 ダイナミックダイブ式潜水艇の簡単操作 (2013. 2)
3.5 GWS V-TAIL MIXERの相性テスト (2015. 2)
3.6 水中ロボコン用有線コントロール回路
- 送信機TX-5D・受信機RX-5D取扱説明書 (2015. 2)
- TX-5D・RX-5D改修の件 (2016. 8)
4.運動性能・有翼機
4.1 水中ビークルの形状と運動性能の関係 (2010. 6)
4.2 アクア・スタント(AQUASTUNT)ETUDE
- (1)AQUASTUNTT (2009.10)
- (2)AQUASTUNTU (2010. 4)
- (3)AQUASTUNTV (2012.10)
- (4)バッテリーの選択 (2014. 5)
4.3 SEAGULLの水中機動に関する一考察 (2012. 3)
4.4 君も作ろう海中観測グライダー
5.推進器
5.1 Y_D_Dock's Pump-Jet 製作ガイド
- 灯油ポンプ編 (2011. 3)
- バスポンプ編 (2011. 3)
5.2 タミヤの遊星ギアを利用したスラスターの製作 (2014. 6)
6.バラスト装置
6.1 水中ビークルの浮力調整方式の考察 (2017.2.19)
6.2 ピストン式バラスト装置 (2016.10.20)
7.バッテリー
7.1 Etudeのバッテリーの選択 (2014. 5)
7.2 水中ポンプに使用するブラシモーターとバッテリーの種類の適合 (2011. 3)
8.カメラ
8.1 プールで水中映像を撮影するためのビデオカメラ (2012. 3)
9.工作事例
9.1 2チャンネル仕様ラジコン潜水メカ
- 潜水Qの改良 (2010. 6)
- 塩ビパイプを使った完全防水船の工作例 (2012. 4)
9.2 RC潜水艦模型の作成 (2010. 6)
9.3 潜航艇モデル回収用ROVの開発
- 第1報スラスターの製作 (2014. 6)
- 第2報シャーシの製作 (2014. 7)
- 第3報グラブバケットの製作 (2014. 7)
- 第4報システムの構築 (2014. 8)
9.4 しんかい6500工作
- ペットボトルしんかい6500 (2012.10)
- ラジコンしんかい6500 (2012.12)
- 3Dしんかい6500 (2013. 1)
- ダイナミックダイブ式潜水艇の簡単操作 (2013. 2)
9.5 STINGRAYの製作

2010年以前の成果

・論文・解説等

- 西村 一, ペットボトル製水中グライダー, 2006, 水中ロボフェス2006成果報告DVD
- 西村 一, 水中ロボコンを考える, 2007, 日本深海技術協会会報, 2007年1号
- 西村 一, 水中ロボコンの歩みと今後−持ち運べる水中ビークル開発の奨め, 2008, 日本マリンエンジニアリング学会, Vol.43、No.4
- 彦坂明孝、西村 一, 盛況だった'08水中ロボットコンベンション, 2009, 日本深海技術協会会報, 2009年1号(通巻60号)
- 中原三津夫, ラジコン潜水艦について, 設計工学(日本設計工学会誌), 2009, Vol.44, No.6, pp.323-327

活動記録映像


トップページに戻る