熱中症対策

大会期間中、晴天の日は多目的プール内は高温多湿となります(空調なし)。

・前の晩は十分に睡眠をとり、風通しの良い服装(学校の制服は不適)とタオルをご用意ください。

・当日、プールサイドでは、以下のことを心がけてください。
  • スポーツドリンクを用意しますので、こまめに水分摂取してください。
  • 本館と多目的プール棟の間の日蔭に用意したテントまたは、空調が効いている本館内で、こまめに休憩してください。
  • 汗をかきっぱなしにすると、塩分で皮膚から水分が奪われるので、プールサイドの洗面所の水で洗い流してください。
・以下の症状に当てはまるかな思った時は(周りの人を通じて)スタッフに連絡のうえ、多目的プール棟1Fの入口横にある休養室(クーラー常時オン、洗面台とシャワーがある。スポーツドリンクとバスタオルを備え付け)をご利用ください。
以下の症状にあてはまりそうな人を見掛けた方はただちにスタッフにご連絡ください。
  • めまい、顔のほてり、
  • こむら返り、筋肉のけいれん
  • 体のだるさ、吐き気、頭痛
  • ふいてもふいても汗が出る、または、まったく汗をかいていない
  • 体温が高い、皮膚が赤く乾いている
・熱中症への応急措置:スタッフは現場責任者に連絡するとともに、以下の措置を講じます。ご協力いただける方はご協力をお願いします。
  • 意識がない/朦朧としている場合は救急車を呼ぶ(夏島町2-15海洋研究開発機構の多目的プール)。守衛所046-867-9180にも連絡する。
  • 直ちに多目的プール棟1Fの休養室(普段は女子更衣室)に運び込み、足を頭より高く上げて休ませる。
  • 衣服をゆるめ、タオルを水に浸して、両側の首筋、わき、足の付け根を冷やす。(女性の場合、可能なら女性職員が対応)
  • スポーツドリンク(塩分と水分)を補給。嘔吐の症状が出ていたり意識がない場合は、むりに飲ませない。自力で水分を摂取できない場合は、救急車を呼ぶ(要点滴)。
  • 症状が軽い場合は、横須賀市コールセンター(046-822-2500)又は横浜市救急電話相談(045-222-7119)で救急当番病院を確認し、タクシー(046-865-4884)で搬送。
  • それ以外の場合はそのまま安静に。回復したら帰宅してもらう。
・心肺蘇生とAED
 異常を発見した人は大声で周りに呼び掛け、スタッフと現場責任者に連絡してもらう。
 スタッフ/現場責任者は、救急車を呼ぶ人(夏島町2-15海洋研究開発機構の多目的プールまで。守衛所046-867-9180にも連絡)、AEDを取ってくる人(本館の受付の裏)、心肺蘇生の経験者に呼び掛ける人、落水者の場合はバスタオルを取ってくる人(飛び込み台の横)に指示する。
  • 呼吸・脈拍確認:10秒以内に行う。
  • 脈拍の確認に自信を持てない場合は、反応がなく、正常な呼吸がなければ(特に喘ぎ呼吸のときは)、心肺蘇生を開始する。
  • 人工呼吸2回、胸骨圧迫30回
  • AEDパッドは素肌に直接。心臓を挟む位置に。濡れている衣服はずらす。
  • 身につけている金属類はできるだけ離す。
  • 正常な呼吸がなく、脈拍が確実に触知できれば、人工呼吸(およそ10回/分で)のみを実施する。
  • 心臓ペースメーカーが埋め込まれている場合は、少なくとも8cm離して電極パッドを貼り付ける。
  • http://www.okunoto119.jp/html/kyukyu/sinpaisosei.htm
  • http://www.okunoto119.jp/html/kyukyu/image/shinpaisosei.pdf