心肺蘇生/AED

Pocket

 落水者・意識不明者を発見した場合は大声で周りに呼び掛け、スタッフと現場責任者に連絡してください。

スタッフ/現場責任者は下記の対応を分担で行う
・救急車を呼ぶ人
・AEDを取ってくる人(本館の受付の裏に配置)
・心肺蘇生の経験者に呼び掛ける人
・落水者の場合はバスタオルを取ってくる人(飛び込み台の横)に指示する。

AEDの使い方
・呼吸・脈拍確認:10秒以内に行う
・脈拍の確認に自信を持てない場合は、反応や正常な呼吸がなければ心肺蘇生を開始
(AEDは電気ショックの要不要を自己診断できる)
・人工呼吸2回(必要時)、胸骨圧迫30回
・AEDパッドは素肌に直接。心臓を挟む位置に。濡れている衣服はずらす。
・身につけている金属類はできるだけ離す。
・正常な呼吸がなく、脈拍が触知できれば、人工呼吸のみを実施する。
(人工呼吸のペースはおよそ10回/分で)
・心臓ペースメーカーが埋め込まれている場合は、少なくとも8cm離して電極パッドを貼り付ける。